ファクタリングは融資ではないので担保保証人は必要ありません。

売掛債券を売却することでお金を用意できる取引ですので自分の持つ資産の対価だからこのくらいのお金を用意するとの流れとなります。

ですから、不動産低当権が無い、有るなどは一切関係なく取引ができます。

 

債権の買取りであるファクタリングは売掛金の存在証明ができる、売掛先企業が安定していることを説明することができる場合、税金の未払いや債務超過などがあってもお金を調達できることがメリットです。

 

審査はありますが、売掛け債権を用意するだけで即日にはお金を調達できるのがファクタリングの良さです。法人であれば5000万円迄は用意できる場合もあります。

債権ごと譲渡すファクタリングですから、売掛先(取引先)が破綻したり、未払いなどの問題が起きたとしても売上債権に償還請求権が適応されることもなく、問題の責任を負う必要もありません。

 

譲渡行為であるファクタリングは会計上でも負債となることもなく、決算書上でマイナスにはならない、株価や融資審査などに影響も与えない、会社の赤字が増えないなどのメリットもあります。

 

秘密裏に資金を調達したいのであれば、2社間ファクタリングの形にすることです。

この形で取引することで売掛先会社に資金繰りの悪化を通知されることがなく、プライバシーを守り、資金調達ができます。

 

また、売掛先が不渡りや未払いなどのトラブルを起こしても債権を売ることで不利益を被ることもなく、トラブルを回避できるファクタリングが便利です。