「リップル(Ripple)」は、あのビットコイン(Bitcoin)などと同じ仮想通貨の1つにあたります。

そして、XRP(リップルが採用する通貨単位)を用いながら、リップル上でのネットワーク環境における通貨を使用しながら、色んな通貨との取引が可能なシステムになっていますが、単純な仕組みの通常での通貨の機能をはるかに上回るアルトコインという仮想通貨の種類にも含まれるものです。

 

そしてこのリップル自体はなんと、Googleが出資をしている事でも有名な仮想通貨の部類でもあり、総合的な仮想通貨における世界単位での時価総額ランキングでは3位という上位にランキングをしている程、人々への期待を含んだ通貨ともいえます。

 

それだけに流通量が多いという事は確かと言えますので、話によると、我が国のメガバンクの1つである東京三菱UFJ銀行によるリップル採用によるネットワーク利用が表明された頃辺りから、通貨自体の価格が高騰をして、従来に比べて約6倍近くもの値上がりを見せていると言われています。

 

元々2004年にカナダの開発エンジニアであるレイヤン・ヒューガー氏により製作をされた仮想通貨にあたりますが、銀行を通さないので手数料などが一切掛からず、決済システム自体がビットコインなどよりも早く数秒単位で完了する、などといった特徴であるメリットがありますので、そうした面での利便性が間違いなく人気の基本的なベースといえます。

 

そしてさらに良い点はと言えば、このリップル自体が通貨間でのやり取りをする際に、先程も話した銀行中継などを行う通常の海外送金などとは異なり、リップル独自のシステムにより直接スピーディーに外貨通貨交換や送金でのやり取りをが出来る点で、他のあらゆる通貨システムに勝っているところです。

 

以上のように将来性が大変期待をされている人気の仮想通貨の1つですので、大いにお勧めといえます。